大学3回生のとき、就職したくなくてうつ状態になった

大学3回生の10月、就活をしないといけないのに全くやる気が出なくて、でも時間は過ぎていくことにプレッシャーを感じて、うつ状態(正確にはわからないが…)になった。

僕は吃音(どもり)があって、それもわりと重くて、面接のような場面はとても苦手だし、コミュニケーションの苦手意識もその時は強くて、就職してから仕事や周囲とのコミュニケーションをやっていけるかとても不安だった。

僕は高校生くらいから、海外、特に中国を中心にした東アジア・東南アジアに興味があって、何度も旅行をしているし、今も中国の学生と関わるサークルをしているくらいで、中国など海外と積極的に関わる仕事に興味があったが、当時の自分はそれをする自信がなくて、それで吃音をあえてアピールできる障害者関係の仕事を探してみたが、本当の関心がないのでやる気が出ず、行き詰まってしまった。

自信を失い人と会うのも嫌になって、10月は、授業は週に2コマくらいしか行かず、期末レポートで成績をつける授業はまだしも、出席を取る語学は出ないといけないとわかっているが、語学は当てられて答えないといけなくて、吃音の自分にはわりとプレッシャーがかかり、でも1回生からなんとかやってきたのだが、その時は吃音の症状も重くなっていて、出る勇気がなくなっていた。

授業に出ず家で何をしていたかというと、だいたいネットで「大学生 働きたくない」とか調べていた。あまり参考にならないサイトも多かったが、いいサイトもたくさん見つけた。

カウンセリングサービスや、phaさんは、存在は前から知っていたが、その時に初めて真剣に読んで、とても救われたし、今でも支えになっている。

少し胡散臭いが、自殺サイトというものも見つけて(タイトルが自殺を煽っていそうだが、そのような内容ではない)、芥川龍之介の自殺に関する文章などを読んで、共感するところがあった。

吃音関係でいえば、乗り移り人生相談という、どもりで元名編集者の島地勝彦というお爺さんが読者の質問に答えるサイトがあって、どもりの人へ自信をつけさせる文章や、男尊女卑に見えて実は女性への愛に満ちた恋愛相談が面白かった。

本もよく読んだ。1回生の頃から好きな村上春樹の小説の一節が、ときどき胸に突き刺さった。中島義道も面白く読んだ。『働くのがイヤな人のための本』や『カイン』などはとても共感した。言葉の扱いが上手い人が生きにくさを言語化してくれると、自分で言語化できなかった感情を言葉にできるので、とても助かる。

何気ない風景の美しさも印象に残っている。一日中部屋に引きこもっていて、5時頃にそろそろ閉館する図書館に本を返しに自転車に乗り、ふと見上げた空が夕日に染まっていて、それが、今まで鬱屈と部屋に閉じこもっていたこととの対比のためか、とても美しかった。普通に朝昼に外出していたり、まともな精神状態だと、あの美しさは味わえないのではないかと思う。

2~3日に1日くらい身体を動かした。外を走ったり、水泳をしたり。自転車で15分すると山とちょっとした渓谷があって、山の麓や谷を走った。やはり自然がとても美しく見えた。

10月終わりには、来年度は休学することを決めた。そう決めると気分が楽になり、なんとか授業にも出席した。身体を動かすことに、吃音にいいかもしれないと興味を持って、個人的にしている水泳とランニングに加えて気功や合気道や演劇を習い始めた。合気道とランニングはすぐにやめたが、演劇は半年やって、芝居にも出させてもらった。水泳は、前にブログにも書いたが、今もほそぼそと続けている。

カウンセリングにも行った。大学にカウンセリングセンターがあって、無料で受けることができる。一度面談をしたら、あなたには女の先生がいいだろうと言われ、毎週決まった1時間にカウンセリングを受けることになった。カウンセリングの先生はほとんど何も話してくれず、基本的に僕の話を聞くだけだった。僕は初めはあまり話さなかったが、次第に話すようになった。でも基本的に特に返答はなく、物足りない感じがした。おそらくそのカウンセリングは自分の気持ちを話すことを目的としていたが、そのときは、母によく会って、気持ちをかなり率直に語っていたし、母の友達で『ねじまき鳥クロニクル』の「仮縫い」のような仕事をしている人がいて、その人にも色々話していた。一人で話したり、文章にして、気持ちを言語化することもしていた。だから必ずしもカウンセリングが必要だったとは思わないが、カウンセラーの先生は話を聞くことに慣れているから、こちらもほとんど遠慮なく話すことができたのがよかった。

祖母の炊事の手伝いもした。何をするかは祖母が指図し、僕はそれを実行した。絵も描いた。高橋留美子こうの史代の漫画をそのまま紙に写した。そういう具体的な何かを完成させるのは、自分がここにいるということを確認できるような気がしてよかった。

母子家庭や地域の子供、障害を持つ学生を支援するNPOにスタッフとして参加させてもらえないか話をしに行き、OKをもらったが、結局どこも行かなかった。僕は直接他人を支援する仕事には向かないのかもしれない。

2月からは、僕はそれまでまともにバイトをしたことがなかったのだが、校正のバイトを始めた。気軽に働いていたが、お金を貰えるのは嬉しいし、自分でもなんとかお金を稼ぐことができると小さな自信になった。

その頃から、中断していた英語と中国語の学習も再開した。夏に中国、日本の学生が両国を相互訪問するサークルにも関わり始め、ゴールデンウィーク満洲を旅行した。2015年度の上半期は、学生生活で今のところ最も充実した期間を過ごすことができた。

特に結論はないのだが、かつての自分と同じような境遇にある人が読めば何か参考になるかもしれないと思って書いた。

勉強も運動も競争ではなく一人で楽しめるともっといい

一年前から、月に二回ほどのペースで市民プールに泳ぎに行っている。

もともと水泳は苦手だった。小学校の授業では、クロールはなんとか25メートル泳げたものの、平泳ぎはほとんど前に進まなかった。

授業は落ちこぼれを待ってくれず、泳ぎ方がわからなくて何度も立つことになっても25メートル泳がされ、全然面白くなかった。

中高はたまたまプールがなかったので、ずっと水泳から離れていたが、昨年、運動不足を解消するためにふと市民プールに行き、一人で泳いでみると、意外に楽しめた。

授業ではクラスメイトと比べられるが、本来運動は競争しなくても楽しめるものなのだと気がついた。

自分の身体と向き合い、どうすればもっと息継ぎが楽になるか考え実践し、少しずつ上手くなっていく。25メートルだったのが35メートルになり、50メートルになる。

今日は平泳ぎの足の動かし方を少し掴めたし、背泳ぎで初めてまともに泳ぐことができた。

小学校時代のように、上手くいったからといって先生やクラスメイトに褒められることはないが、小さな成功を自分で喜ぶことができる。人より下手でも、恥ずかしく思わなくていい。

運動が人より得意でないことが、運動を楽しめないことを意味するわけじゃない。

運動だけじゃなくて、勉強でも、何でもそうなのだと思う。音楽も読書も語学も、自分のレベルで楽しんでいれば、少しずつ上達していく。

学校でも、勉強や運動を、競争で勝つことではなく、一人で楽しむ方法を学べたらもっとよかったと思う。

もちろん学校で学んだことが基礎になって、今一人で勉強や運動を楽しめている部分もあるのだが、それにしても学校では競争が強調されすぎていたように思える。

中島らもは、「教養とは学歴のことではなく、一人で時間をつぶせる技術のことでもある」と言ったという。そういう意味での教養を大切にできる社会になったら、もっと生きやすくなると思う。

中国東北旅行10 中国旅行を便利にする4つの方法

5/7〜8

f:id:choyu:20150516233243p:plain

長春→上海→大阪)

 翌朝は長春の動物園を見る。

f:id:choyu:20150515230456j:plain

 『ねじまき鳥クロニクル』の舞台となった場所だから来たが、特に気持ちが入らない。正直、ノモンハンでも、ここでノモンハン戦争が起きたというのは印象的だったが、この辺りが『ねじまき鳥』の舞台だったというのは、あまり実感が持てなかった。あの小説は、フィクションとは思えないリアリティがあるが、リアリティは小説の中で完結しているため、舞台という「現実」の場所に行っても仕方がないのかもしれない。

 上海行きの飛行機に乗る。上海から大阪の便に乗り換えるが、天候不順で出発が2時間遅れる。関空に着いたのが日本時間の23時。もう家がある大阪北部までの電車はないので、関空のホテルに泊まろうと、全日空ホテル関空に行ってみる。シングルは売り切れており、ツインを一人で使うという形になるので、1万6千円とのこと。当然払えないので、梅田までバスで行き、ホテルかネカフェに泊まることにする。次の便は0時45分ということで、マクドで時間を潰し、10分前にバス乗り場に行くと、そこには長蛇の列が。

f:id:choyu:20150515230127j:plain

 これは乗れないのではと危惧していると、幸いにも臨時便が到着する。だがその臨時便も、僕の前2人のところで満席になってしまう。というわけで、次の1時45分の便に乗ることになる。

 結局3時に大阪駅に着く。近くのネットカフェに入り、シャワーを浴びて『よつばと』2巻〜4巻を読んで寝た。

 

 以上で旅の記録は終わりである。

 中国に行くといつもお腹を壊すのだけれど、今回はお腹を壊さなくてよかった。東北の料理は比較的合っていたのかもしれない。

f:id:choyu:20150516002656p:plain

 何を頼んでいいか分からない時に、「不辣不油腻的」(辛くも油っこくもないもの)と書いてみせたのもよかった。(左上部に書いてる)

 

 何より、今回の旅も、現地の中国やロシアの人たちにずいぶんお世話になった。改めて感謝を申し上げたい。谢谢(シエシエ)。Спасибо.(スパシーボ)

 

 また、最後までこの旅行記を読んでくれた皆様、ありがとうございます。お礼と言っては何ですが、中国旅行にあたって僭越ながら何点かお役に立ちそうな情報を差し上げます。

1.辛すぎたり油っこすぎるものは無理して食べない

 中国に旅行・留学する日本人が、無理に食べてお腹を壊すのは、何度も目にしてきました(自分も経験しました)。これは無理と思ったら、お店の人には申し訳ないですが、無理に食べない方がよいと思います。初めから「辛いのと油っこいのはなしで」と言っておくのも一つの手でしょう。

2.SIMフリー端末を持って行き、中国の携帯会社と契約しよう

 ネット、特に中国の携帯会社の回線があると何かと便利です。メニューを画像検索したりできるのでより安心して食事ができたり、鉄道を予約できたりします。

 また、Wi-Fiが、マクドナルドやスタバ、駅、観光地など都会であれば日本以上に至る所にありますが、これらのほとんどが中国の携帯番号がないと使えないようになっています。ほんの少しのネット契約をするだけでも、これらWi-Fiが使えるので便利です。

3.中国語は少しでいいから出来たほうがいい

 中国では英語はほとんど通じません。若い人はできる人がいますが、30代以上くらいになると、日本人以上にできないと思ってよいでしょう。

 正直、全く中国語ができないで、中国の色々な町を時間をかけて旅行するのは、旅慣れている人でないと厳しいのではないかと思います。中国語がある程度できる状態で行くことをおすすめします。

 中国語は日本人にとってとても学びやすい言語です。文法はかなり違いますが、語彙がかなり共通しています。僕の経験では、大学の授業で1コマを1学期=90分授業×15回くらい受ければ(もちろん予復習をして)、なんとか一人で旅行できると思います。独学で30時間(=1日あたり30分×2ヶ月)くらいでしょうか。忙しい方でもなんとか2ヶ月くらい頑張れば、中国旅行が楽しめます。

4.学生は学生証を持って行こう

 中国の観光地は入場料が高くて、50元=1000円くらいすることはよくあります。でも、学生証があれば半額です。日本の学生証でも、10回に8回か9回くらいは半額券が買えるので、忘れずに持って行きましょう。

 

 最後に 中国を旅行するのは楽しい

 中国を旅行するのはとても楽しいです。どれだけ行っても飽きないです。中国は日本の25倍の面積があり、13億人住んでいます。そして55の少数民族がいます(いることになっています)。広くて多様です。

 そして、物価もそう高くない(場所によるけど、日本の半分くらい?)上に、近いので、気軽に行くことができます。

 僕自身、中高の時は日本を旅行していたのですが、今は正直行き尽くした感じがしています。でも、春秋航空LCCで片道1万円で行ける隣国に、まだまだ行きたい場所があるというのはとても幸せだなと思います。

 まだ中国に行かれていない方は、ぜひ行ってみられることをおすすめします。

 皆様の中国旅行がよいものとなりますように。

 

 中国東北旅行編、終わり。

中国東北旅行9 中国人は席を譲る

5/6〜7

f:id:choyu:20150516232116p:plain

(大連→瀋陽長春

 翌日は大連博物館に行く。近現代の大連・旅順のことが当時の文物とともに解説されていて面白い。地球の歩き方にも書かれているが、歴史に対して非常に客観的である。中国の資料館は時々、日本帝国=悪という文脈でしか語っていないところがあるが、ここは淡々と事実を述べている風で安心して見ることができる。

f:id:choyu:20150515221948j:plain

(北洋艦隊の旗。龍(清)が太陽(日本)を呑み込もうとしている。北洋艦隊が日本海軍を仮想敵としていたことがわかる。)

f:id:choyu:20150515222002j:plain

(鉄道の行先表示。新京行き)

 昼ごはんに駅チカをさまよっていると、地下3階に食事街を見つける。地下3階というのがすごい。勘だけど、中国は寒くなる都市は地下街が発達する傾向にあるような気がする。ウルムチが都市規模のわりに地下街が大きかったのを憶えている。

 昼ごはんは、そろそろ中華がキツくなってきたので、韓国料理を食べた。

f:id:choyu:20150515020422j:plain

 

 大連を離れる。大連駅は日本時代のものを使っている。

f:id:choyu:20150515222257j:plain

 この旅初めての高速鉄道に乗り、瀋陽へ。高速鉄道は最高時速300kmで東北の平野を駆け抜ける。大連ー瀋陽400kmがたった2時間である。

f:id:choyu:20150515020446j:plain

(CHR3型電車。ドイツシーメンス社の技術を基に中国で製造されている)

f:id:choyu:20150515020606j:plain

(内装は日本の新幹線とよく似ている)

f:id:choyu:20150515221549j:plain

 瀋陽は入関する(山海関を越えて中国本土=漢族地域を支配すること)まで清の都だったところだ。清の前身となる後金は1616年に女真族ヌルハチによって建国された。後金というのは後世の人びとが付けた名で、当時の女真族はその国を「金」と呼んでいた。金という国は、12世紀に今の東北から華北を支配した国である。女真族が建国したこの国は、漢族の宋と対立していたが、常に軍事的優勢を保っていた。ヌルハチはその金を3世紀ぶりに復興させたつもりであったのだろう。だが、第二代皇帝のホンタイジは国号を清に変更し、また都を盛京(今の瀋陽)に移す。ホンタイジの清は内モンゴルのハルハ族を征服する。3代皇帝順治帝の時代には北京入城を果たし、都を北京に定める。都が北京に移った後も、盛京は清帝国第二の都であり、しばしば清の皇帝は盛京で政務を行った。その盛京の都跡は、「瀋陽故宮」として世界遺産にも登録されている。

 瀋陽故宮そばのホテルに泊まるために、瀋陽駅から地下鉄に乗る。中国の地下鉄やバスに乗っていて気づくのは、皆が積極的にご老人に席を譲ることだ。例え3mくらい離れていても、大声を出して「ここ空いてるから座り!」と言う。

 だいたいこういう会話がされている。

 電車におじいさんが乗ってくると、座っていた男がさっと立ちあがり、「おっちゃん! 座って!」と声をかける。おじいさんは「ええって! 3駅しか乗らへんさかい!」と断るが、男は「俺もすぐ降りんねん! ええから座り!」と勧める。「すんませんなー。ほな座らせてもらいますわ。ありがとう。」とおじいさんは座る。

 面白いのが、譲られる側が一度必ず断ることだ。そして譲ってもらったら、すごく感謝している風に、「谢谢!」と何度か言う。

 日本では、おばあさんが何人かで電車に乗る時に、「あんた座り!」「うちはさっき座ったやん。あんた座り!」と席を譲り合う会話をしているが、中国ではそれが、老人と若者、しかも他人同士という大きなスケールで行われている。

 日本にいると、席を譲ろうと思っても、「この人は席を譲られたら年寄り扱いされたと思って嫌ちゃうかな…」とためらってしまうが、中国では、年寄りは席を譲られるものだという社会合意があるため、そういうことは考えずに素直に譲ることができそうだ。

f:id:choyu:20150518011605p:plain

瀋陽故宮地図)

 瀋陽故宮のそばの「錦江之星」という全国チェーンのホテルに泊まる。朝食込みで220元。本当は瀋陽駅の近くにある旧ヤマトホテル(400元)に泊まりたかったのだが、「カフェ&クラブ大和」での出費が痛かったので諦めることとする。

 日本では「東横イン」「アパホテル」などが全国各地に見られるが、中国でも、「錦江之星」「如家酒店」「7daysInn」などのビジネスホテルが全国展開している。必要十分な設備が整っている上に、200元前後と経済的である。何より重要なことに、ほぼ必ずWi-Fiがある。僕はこれらビジネスホテルに泊まるのは結構好きである。

f:id:choyu:20150515020707j:plain

(単純明快な部屋)

 

 夕食は、昼ごはんに引き続き韓国料理。石焼ビビンバにした。

f:id:choyu:20150515020914j:plain

 中華はつらくなってきた。韓国料理おいしい。

 

 翌朝は瀋陽故宮を見て回る。入場料が60元もするが、学生は30元。日本の学生証を見せて、「日本の学生証も当然使えるよね」という顔をして「学生票(シエションピャオ)」と言うと、学生票が買えた。

f:id:choyu:20150515020758j:plain

f:id:choyu:20150515020938j:plain

 瀋陽故宮は広くて、展示もしっかりしていて面白かった。結局2時間半も故宮にいた。

 

 高速鉄道長春へ。

f:id:choyu:20150516004802j:plain

 座席の前にある旅行雑誌に、京都が紹介されていた。もっと有名になってほしい。

 

 この日は天気が悪く、しかも寒い。少し風邪気味になってしまう。ホテルに着いて休む。外に出たくないなー、中華は胃に来るんだよなーと思いながらホテルのそばを歩くと、日本料理店を見つけた。78元ほどしたが、弱っている身体には日本料理はありがたい。

f:id:choyu:20150515021405j:plain

長春で食べた日本料理。うまかった。食べかけですみません)

中国東北旅行8 そこから旅順港は見えるか!

5/5

f:id:choyu:20150516231812p:plain

(旅順・大連)

 大連駅に朝6時に着く。大連は高層ビルが立ち並ぶ。今回の旅で一番の都会だ。

f:id:choyu:20150513175159j:plain

(大連駅前のビル街)

 町の中心にある旧ヤマトホテル、大連賓館にチェックインする。中国のホテルは、チェックアウトはだいたい12時までと決まっているが、チェックイン時間はわりと自由で、朝から泊まることができて便利だ。大連賓館は小ざっぱりとしたいいホテルだが、Wi-Fiがないのが非常に残念だ。

f:id:choyu:20150513180353j:plain

(大連賓館=旧大連ヤマトホテル。1907年からの歴史がある。)

f:id:choyu:20150518004101p:plain

(大連賓館は、大連市の中心である中山広場に面している。中山広場からは放射状に道が伸びている。)

 大連駅から直通バスに乗って旅順へ行く。1時間ほどで旅順に着く。旅順は、19世紀の終わり、清の李鴻章が率いた北洋艦隊が基地の一つにした時に築かれた港、要塞である。港の周囲が山で囲まれており、ここに砲台を置けば敵の船は港に入ることができない。しかし日清戦争で日本軍が陸側から簡単に陥落させ、下関条約遼東半島は日本領となった。が、ロシア・ドイツ・フランスによる三国干渉ですぐに清に返還させられ、1898年の義和団事件を機に旅順・大連はロシアの租借地となる。太平洋側に不凍港(冬も凍らない港)を求めていたロシアは初めてそれを得ることができ(ウラジオストクは冬期に凍結する)、旅順に当時にして世界最大級の要塞を建設する。旅順港にはロシア帝国の首都ペテルスブルクから軍艦が送られ、ロシア旅順艦隊が結成される。ロシアは旅順を基点に、中国や朝鮮の権益を拡大させようと試みる。朝鮮を国防の重要拠点と認識していた日本は、ロシアと激しく対立することとなる。

 1905年日露戦争が勃発すると、黄海海戦で日本海軍連合艦隊はロシア旅順艦隊に打撃を与える。劣勢になった極東艦隊は、旅順港に立てこもり、決戦の機会を待つ。決戦の機会とは、ペテルスブルクから喜望峰、インド洋、マラッカ海峡を経てやってくるバルチック艦隊と合流し、ロシア連合艦隊を結成し、日本海軍連合艦隊と戦うことである。

 日本海軍は旅順港に立てこもったロシア極東艦隊を港から出られなくしようと、旅順港閉塞作戦を行う。旅順港の出入り口になる場所に日本の船を沈めて、ロシア極東艦隊が通れないようにしようというものである。閉塞作戦は3度行われたが、旅順要塞の激しい砲撃の前に全て失敗する。

 そこで海軍は陸軍に、バルチック艦隊が到着する前に、陸から旅順を落としてくれるようお願いする。陸軍は「旅順は小指の先のようなもので、遼東半島という根本を縛って放っておけば腐っていく」(司馬遼太郎がこんな表現をしていたと思う)と、特に戦力を割くつもりはなかったが、海軍の要請に従い旅順要塞を攻略することに決める。乃木希典率いる第3軍が結成され、旅順攻略を始める。

 バルチック艦隊が着々と日本に近づく中、世界最大の要塞は簡単には落ちず、大量の死傷者を出す。そして、この旅順要塞攻防戦で最大の激戦地となったのが、203高地を巡る戦いである。203高地とは、名前の通り標高203mの山である。旅順の郊外にあるのだが、ここから旅順港を見渡すことができる。日本陸軍が203高地を手に入れ、ここに観測点を設ければ、山の後ろの日本軍占領地から打った大砲を正確に、港に停泊している極東艦隊に届かせることができる。極東艦隊を失った旅順は存在意義を失い、旅順攻防戦は日本の勝利となる。

 第一回総攻撃から4ヶ月後、ついに203高地は陥落する。そして日本の砲弾が旅順港に降り注ぎ、ロシア極東艦隊は消滅する。

f:id:choyu:20150516231718p:plain

(旅順港と203高地)

 この辺りの歴史に興味がある人のほとんどがご存知だと思うが、司馬遼太郎の『坂の上の雲』を読むとこの時代のことがよくわかる。また、2010年から2012年にかけてNHKが同小説をドラマ化している。小説は文庫本で全7巻と結構長い。中学生の時になんとか頑張って読みきったのを憶えている。大学生になってからも1度読んだが面白かった。

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

 

 

 ドラマの方は、90分×全13話である。僕はこのドラマはすごく好きで、もう4回くらい見ている。香川照之正岡子規を、阿部寛秋山好古日本陸軍)を、本木雅弘秋山真之(日本海軍参謀)を演じている。あと、秋山兄弟の親父を演じた伊東四朗とか、高橋是清を演じた西田敏行がすごくいい味を出している。乃木希典を演じた榎本明とかかっこよすぎ。

NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX

NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX

 

 

 さて、203高地を登る。一帯は風景区となっており、ちょうど桜祭りがやっていてきれい。たくさん観光客が訪れている。桜は日中友好の証として、日本から送られたものらしい。

f:id:choyu:20150515012803j:plain

(桜がきれい)

 頂上に辿り着く。ドラマの旅順編クライマックスで、203高地を再び奪取したという電話を受けた児玉源太郎が、現地の兵に「そこから旅順港は見えるか!」と聞き、「見えます!まる見えであります!」と兵が答える場面がある。あれを視て、203高地から旅順港は本当にまる見えなのか確かめたかったが、ついにそれを見ることができた。確かに見える。今は高層ビルでいまいち見えないけど、明治時代は丸見えだったと思われる。

f:id:choyu:20150515013050j:plain

(203高地から旅順港を望む)

 観測点の近くには、慰霊塔がある。日本とロシアの兵士、そして戦争の巻き添えになった旅順市民に向けて手を合わせる。

 先述したドラマ「坂の上の雲」で興味深いのが、日本軍の砲弾が旅順市街に降り注ぐ時に、それに巻き込まれる中国の人々を描いているところだ。「旅順の戦い」は日本とロシアの戦いだが、戦場は中国であり、日本とロシアの兵隊だけでなく、中国の一般市民も戦争で苦しんだのだ。そのことは忘れないでいたい。

f:id:choyu:20150515013126j:plain

(戦後乃木希典は「203高地」を「爾靈山(にれいさん)」と名づけた。「爾(なんじ)の霊の山」である。)

 

 203高地を降りて、旅順博物館へ。

f:id:choyu:20150515014104j:plain

(旅順博物館。1915年からの歴史がある。)

ここは、明治時代に新疆を探検した西本願寺住職大谷光瑞率いる「大谷探検隊」が集めた文物を保存している。大谷は旅順に移り住んだため、残っているのだ。

 そのため、シルクロード・仏教関連の展示が多い。

f:id:choyu:20150515014045j:plain

(飛びながら琴のようなものを奏でる仏さまと、飛びながら踊る仏さま)

f:id:choyu:20150515014217j:plain

(飛びながら楽器を奏でるのは楽しそうだ)

 ここで生まれて初めてミイラを見る。禁止されていたため写真はないが、人間が乾燥するとこんな風になるとは結構衝撃的だった。他にも、シルクロードの興味深い文物があって面白い。僕は今回の旅行を含めて7回海外旅行をしているが、大学に入る直前の3月に行った西安からカシュガルまでのシルクロード旅行が一番印象に残っている。タクラマカン砂漠を鉄道で通り抜けウルムチカシュガルに行くと、人々の顔つきが変わる。彫りの浅い漢族から、ウイグル族を始めとする彫りの深い西部の少数民族の人びとが町を歩いている。モスクがあり、絨毯が売られ、ナンのような薄くて丸いパンが焼かれ、羊の肉を串刺しにして焼く芳ばしい香りが鼻をつく。最近、NHKスペシャルの『シルクロード』を見ているが、これもとても面白い。1980年にNHKと中国と共同で新疆を車で巡り、現在と過去のシルクロードについて取材している。新疆に外国人が入るのは新中国になって初めてであった。1980年代の日中蜜月時代だから成し得たことだ。

 

 

 いつかあの先、カシュガルの先、つまり中央アジア西トルキスタン諸国、そしてペルシア、トルコ、ギリシア、ローマとシルクロードを旅行してみたい。

 旅順博物館の後は、白玉山塔に登る。日本時代は表忠塔と言った。乃木希典東郷平八郎が慰霊のために建てさせたという。ここからは旅順港をくっきりと見渡すことができる。

f:id:choyu:20150515014726j:plain

(旅順東港)

f:id:choyu:20150515014754j:plain

(旅順西港)

 興味深かったのが、この星と丸である。

f:id:choyu:20150515014822j:plain

f:id:choyu:20150515014816j:plain

 星は丸の上に付けられたもののようだ。

 ということはつまり、丸は日本国国旗をデザインしており明治に建てられた時のもの。戦後中国はその上に星を貼り付けたのだろう。だが風が強いためだろう、半分ほどは取れてしまっている。

 塔に向かって手を合わせ、山を降りる。

電車と路面電車に乗って帰る。路面電車202系統は郊外まで通じている。

f:id:choyu:20150515131729j:plain

 市内中心部分を走る201系統は日本時代の電車を走らせている。かっこいい。

f:id:choyu:20150515015120j:plain

f:id:choyu:20150515015436j:plain

 京都市バス201系統より大連市路面電車201系統の方がずっとオシャレだ。

 夕食後、大連賓館の2階に「大和 喫茶店&クラブ」という店を見つけた。Wi-Fiがあるか尋ねると「ある」とのこと。「クラブ」とか「キャバレー」という場所は行ったことがないが、お酒を飲んでおねえさんとお喋りするお高い所と思っていたが、メニューを見せてもらうとビールが30元くらいでそう高くないので入ることにする。

f:id:choyu:20150515132033j:plain

(朝撮った)

 黒ビール40元が美味しいとのことなのでそれを飲む。確かにうまい。添えられたお菓子も食べる。『ねじまき鳥』も、phaさんの『ニートの歩き方』(京大卒ニートの自由な生き方を書いた本)の再読も終わり、以前kindle無料本で買った安野モヨコの『働きマン』の続きを買ってダウンロードしたり(ビジネスパーソンの仕事や私生活やらの葛藤がよく描けていて面白い)、買ったけど読んでなかった『目玉焼きの黄身いつ潰す?』という漫画(目玉焼きやカレーの食べ方一つ取っても一人ひとり違うものだ。普段意識していない「食べ方」について考えさせられた)をダウンロードしたり、はてなブックマーク人気エントリーを読んで遊んだりしていると、「ビールもうすぐなくなるけど、何飲みますか?」と言われたので、水(10元)を頼む。水を飲んでお菓子を食べながらネットをしていると、日本人のおじさんがだみ声でテレサ・テンの『時の流れに身をまかせ』を歌い始めうるさくなったので帰ることにする。「50元(=1000円)はちょっと痛いけど、ビール飲めたし何よりWi-Fiが使えたからいいかー」と思ってお会計をしに行くと、「150元です」と言われる。こういう店はメニューに書いてある値段通りではないらしい。どうも世間知らずで困る。手元にそんな大金はないので部屋に取りに帰り、払う。150元もあれば悪くないホテルで一泊できるのに。高い勉強代になってしまった。

f:id:choyu:20150515015509j:plain

(「大和 喫茶店&クラブ」でビールを飲みながら「はてなブックマーク人気エントリー」を読む)

中国東北旅行7 中国人は京都を知らない

5/3〜4

f:id:choyu:20150516230328p:plain

ウラジオストク→牡丹江→大連)

 朝早起きして、ホテルのおじさんが呼んでくれたタクシーに乗り(おじさんが、「タクシー呼んだるわ」とGoogle翻訳で言ってくれた。めちゃ親切)、ウラジオストクバスターミナルまで行く。

f:id:choyu:20150512233039j:plain

 Antilopa Hostel はとてもいいゲストハウスだった。またウラジオストクに行く機会があれば是非泊まりたい。

www.tripadvisor.jp

 タクシーは220ルーブルだった。おそらくこれが相場なのだろう。ウラジオストクへの行きは2倍も取られてしまった。

f:id:choyu:20150516004427j:plain

ウラジオストク郊外のバスターミナル)

 中ロ国境の街ポグラニチニまでバスに乗ると、韓国人カップルと出会った。男の方は流暢な日本語と中国語を話す。女の方は少しだけ中国語ができるようだ。中ロ国境を越えて、またウラジオストクに戻るという。「韓国のゴールデンウィークは5月1日のメーデーから5日までなので、もっと旅行していたいけど帰らなければいけないです」と悲しんでいた。「日本のゴールデンウィークは4月29日の昭和天皇の誕生日からですね。でもメーデーは祝日じゃないです」と言うと、「昭和天皇の誕生日が祝日ですか!」と驚いてカップルで盛り上がっていた。

 中国側のまち绥芬河行きのバスに乗る。バスには途中から、ロシアの大麦か何かを中国に運ぶ仕事をしている男たちが乗り込んでくる。ケーキの材料になると言っている。ケーキのような可愛らしいものを作るために働いているとは思えないほど粗暴な連中である。ロシアの国境を越える時はなぜか僕ら日本人と韓国人に荷物を持たせようとしてきた。怪しいのでもちろん持たない。

 韓国人カップルの女の方は彼らの粗暴さに怖がっていた。僕も内心少し怖い。中国人と比べると、日本人と韓国人はずっと性質が近いような気がする。

 绥芬河からバスに乗り、牡丹江へ。牡丹江では金鼎国際大酒店(「酒店」は中国語でホテルの意味)に泊まったが、ここがとても良かった。スタンダードルームが220元なのだが、もっと安い部屋はないか聞いたところ、130元で泊まることができた。中国のホテルでは「安い部屋ありますか?」と聞いてみると、非公式の安い部屋が出てくることがたまにある。

f:id:choyu:20150513135135j:plain

(今回の旅行で一番高級感があり一番安かった金鼎国際大酒店)

 

 地球の歩き方によると、牡丹江の街は日本によって基礎が作られたようだ。長春もそうだが、日本によって作られた街は道路が広くスッキリした印象を受ける。

 翌朝、牡丹江から大連行きの汽車に乗る。

f:id:choyu:20150515222923j:plain

f:id:choyu:20150516005746p:plain

 

 もともと大連は行くつもりがなかったのだが、案外スムーズに旅程が進んだので余裕ができた。硬卧が売り切れていたので软卧に乗る。

f:id:choyu:20150513135628j:plain

(軟臥。右が僕のベッド。牡丹江ーハルビンは向かいのベッドにおっちゃんがいた)

 

 昼ごはんは車内販売の弁当を食べた。20元。

f:id:choyu:20150516005904j:plain

 食堂車は高い(60元くらい)のでやめる。

f:id:choyu:20150516005956j:plain

 

 ハルビンからは、金州(遼東半島の町)で保育士をしている27歳のおねえさんと、煙台(山東半島の町)でタクシーの運転手をしているおばちゃんと同じ部屋になる。タクシーの運転手とは中国を旅行するとよく話すことになるが、タクシー以外の場所で話すのはこれが初めてだ。煙台へは大連から船に乗るという。大連港からは今も煙台、威海、青島、天津、仁川(インチョン)などに船が出ている。

f:id:choyu:20150515223231p:plain

 

 「大学はどこなん?」と聞かれ、「京都大学」と答えると、「東京にあるん?」と聞かれる。「京都大学在京都! 你们不知道京都吗?(京都大学は京都にあるの! 京都知らないの?)」と聞くと、「知らん」とのこと。「为什么不知道! 京都是日本的首都从794年到1868年!(なぜ知らない! 京都は794年から1868年まで日本の首都だったのに!)と言っても、「へえ、日本の首都ってずっと東京だと思ってた」となんともあっさりした反応である。「大阪に住んでいるのだけど、大阪は知ってる?」と聞くと、知っているとのことだった。それにしても、京都を知らないなんてちょっと日本に興味がなさすぎるのではないだろうか。だが大学の中国語の先生も、「中国人は結構、京都を知らないですね。『京都大学』と言うと、『東京にあるの?』って聞かれます」と言っていた(「京」は「みやこ=首都」の意味だから)。

 関西生まれ関西育ちとして、日本の首都であり続けた京都にはプライドを持っているので、実際に「京都? 知らんわ」と言われるとかなりショックである。関西人アイデンティティと日本人アイデンティティが同時に傷ついた気がする。中国の古都と言えば西安(旧長安)や南京であるが、中国人も、日本人に「セイアン? 昔はチョウアン? 知らんなあ」とか「ナンキン知ってるよ。南瓜は厚揚げと一緒に煮込むと美味いよなあ」とか言われると結構悲しいと思うし、西安や南京の人がそれを言われるとかなり凹むのではないだろうか。

 だが、中国人以外に「キョート? 知らないなあ」と言われても、そんなに傷つかないかもしれない。日本の学校では中国の歴史を詳しく学ぶが、日本で中国史が重視されているのだから、当然日本と付き合いが長い中国でも、日本の歴史は学ばれているものと思いたいという、無邪気な(勝手な)信頼感を持っていたのだが、現実はそうでもないかもしれない。

 保育士さんに「微信やってる?」と聞かれる。微信とは中国版LINEのようなものだ。アドレスを交換し合う。微信をしているか聞かれるのはこの旅行で三度目だ。日本人同士が「てかLINEやってる?」に至るにはもう少し距離感が縮まってからのような気がするが、中国の人は結構気軽にアドレスを交換し合うのだろうか。

中国東北旅行6 ウラジオストク=極東を征服せよ

5/2

 シャワーを浴びて(安いホステルなのにお湯が出る。湯量も十分。素晴らしい)、早速朝ごはんを食べに行く。やはりおいしい。味付けが合う。

 外は霧が出ている。ウラジオストクは坂の街である。天然の良港とはこの街のためにあるように思える。ロシアは1860年、清と英仏が戦ったアロー戦争の講和を仲介した見返りに、沿海州を併合する。なんとも強引だが、そこまでして帝政ロシアが欲したのもわかるような気がする。「ウラジオストク」は「極東を征服せよ」という意味である。恐ろしい名前である。

f:id:choyu:20150512230421j:plain

 この街はしかし観光資源に乏しく、しかも少ししかない観光地は街の中心に収まっていて徒歩で行ける。ウラジオストク駅に行くとモスクワ行きの切符などが売っている。いつかシベリア鉄道に乗ってみたい。

f:id:choyu:20150512230631j:plain

f:id:choyu:20150512230443j:plain

f:id:choyu:20150518001136p:plain

 ウラジオストク市街の地図を見る。港は「金角湾」と呼ばれているようだ。金角湾といえば、ローマ帝国ビザンツ帝国)の首都、コンスタンティノープル(現イスタンブール)である。ちなみに、イスタンブール中心部の地図は以下である。

f:id:choyu:20150518002707p:plain

 コンスタンティノープルウラジオストク同様、町の中に海がぐっと入り込んでいるのがわかる。地図中央上部に「金角湾」の文字が見えるように、この湾が金角湾である。

 ロシア帝国の前身であるモスクワ大公国のイヴァン3世は1472年、ビザンツ帝国最後の皇帝コンスタンティヌス11世の姪ソフィアを妻とし、ローマ帝国の継承者であることを宣言した。そして、1547年にモスクワ大公国は、ロシア帝国に昇格する。1860年に沿海州を併合し、ウラジオストクを建設し始めたロシア帝国は、この極東の港町を、往時の帝都コンスタンティノープルになぞらえたのだろう。

 軍港や冷戦時代のものと思われる要塞を見て歩くと3時間ほどで観光が終わった。

f:id:choyu:20150512230825j:plain

 疲れたので一眠りして目を覚ますと、外は雨が降っている。夕食を食べに行く。近くのロシア料理店に入り、サラダと魚のフライ(本当はフライより焼くか煮こむかの方がよかったが、注文したらそれが出てきた)とティーを注文する。合計800ルーブル(1600円)ほど。少し高いがウラジオストク最後の晩餐である。やはりおいしい。サックスフォンの生演奏もあり、とても楽しめた。

f:id:choyu:20150512230917j:plain

f:id:choyu:20150512230953j:plain

f:id:choyu:20150512231025j:plain

 ロシアの人は、女性は愛想が良いが、男性はわりとムスッとしている。が、実は男性も女性も両方、かなり親切だ。男性がムスッとしているのは、男たるもの外で笑顔など見せてはならない、みたいな尚武の器質があるのだろうか。

 ロシアという国はアフガン侵攻だったりクリミア併合だったり、何かと膨張主義的で物騒な印象があったが、やはり国が怖いのと個人とはまた別だと、当たり前のことを実感する。思えば3年前、大学に合格した3月に中国の陜西省・甘粛省新疆ウイグル自治区を旅行した時も、行くまでは中国人は何をするかわからない連中だというイメージだったのが、普通にいい人たちだとわかった。中国もロシアも、テレビの報道だけを見ているとネガティブな印象を持ちがちだが、やはり実際に行ってみないとわからないものだ。

中国東北旅行5 ハルビンーウラジオストクを国際バスで行く

4/30〜5/1

f:id:choyu:20150516225945p:plain

ハルビンウラジオストク

 ハルビン駅前のバスターミナルでウラジオストク行きのバスのチケットを買い、20世紀初頭のロシア統治時代に作られた通り、中央大街に泊まる。外見がすごく気に入った。1泊220元≒4400円でWi-fi付き。

f:id:choyu:20150512200602j:plain

 ハルビンの教会もクール。

f:id:choyu:20150512200710j:plain

f:id:choyu:20150512200730j:plain

 ハルビンはかなり都会だ。日本でいう広島市くらいである。しかしロシア建築が立ち並ぶ中央大街は活気がありつつも綺麗で、散歩していて気分が良かった。

f:id:choyu:20150512200915j:plain

  旧ロシア人街、中央大街は町の北部にある。

f:id:choyu:20150518000831p:plain

 町の北を流れる松花江もきれい。

f:id:choyu:20150512200948j:plain

 翌日朝7時からウラジオストク行きのバスに乗った。後ろの席の少年がiphone5で日本のアニメを見ていた。何を見ているか聞くと、「暗殺教室」と言う。今年日本で放送されているアニメのようだ。彼は日本語が少し話せたので、「どうして日本語が話せるの?」と聞くと、「アニメ見てたら覚えた」という。アニメすごい。

 国境越えの前に両替はいかがとおばちゃんがやってくる。ひとまず500元=4000ルーブル両替する。

f:id:choyu:20150516004135j:plain

(国境の門)

 国境を越えると風景が変わった。中国側では山裾までずっと畑が広がっていたのが一面草原になった。もともとは草原だった中国東北に、漢族や、満洲国時代には漢族に加えて日本人や朝鮮人が移り住み畑を作っていったのだろう。かつて中国東北、そして今の沿海州を駆け抜けたであろう女真族契丹族などの遊牧狩猟民の姿を想像する。

f:id:choyu:20150512201314j:plain

 ウラジオストクのバスターミナルに着いたのは中国時間で19時。13時間のバス旅行だった。バスターミナルに着いたが、英語標記はどこにもないし、現地の人は簡単な英語さえ通じない。BUSやHOTELさえ通じない。もちろん中国語も通じない。言葉が通じないのはすごく不安になる。市バスの乗り方がわからないので、タクシーと交渉する。500ルーブルと言われ、450ルーブルくらいにまけてくれるよう頼んでみたが、あっさり拒否される。ロシア語ができずタクシーに乗るしかない時点で勝ち目がないので、500ルーブルを払い市街へ。市街に着いたがタクシーの運チャンはお釣りがないというので、泊まることに決めていたドミトリーのホステル:Antilopa Hostel へ一緒に行く。ホステルで小銭をもらいタクシー代を払おうとすると、450ルーブルでいいという。ぼったくることに良心の呵責を覚えたのだろうか。何ともテキトーだ。ホステルに着いたのは中国時間で20時、ウラジオストク時間で22時。ウラジオはとても寒い。8度くらいしかない。

 ドミトリーにしたのはウラジオストクの宿泊費が高いからだ。一般的なホテルでは安くても1泊6000円くらいしてしまう。このホステルでさえ、1泊800ルーブル(2000円)する。宿には30歳位のおねえさんと50歳くらいのおばちゃんがいたが、英語がほとんど通じない。しかし、Google翻訳を使って愛想よく応対してくれる。部屋は男女混合である。日本のドミトリーはたいてい男女別だけど、ロシアはそういうところもテキトーなのだろうか。

 「お腹が空いた。どこのレストランが安くてうまい?」と聞くと、おねえさんが近くのお店まで車で連れて行ってくれる。250ルーブル(500円)のスープを注文する。スープとパンが出てくる。おそらく生まれて初めてロシア料理を食べたが、とてもおいしい。

f:id:choyu:20150512201631j:plain

中国東北旅行4 モンゴル砂漠の中心で愛を叫ぶ

4/29〜30

f:id:choyu:20150516224751p:plain

ノモンハン→嵯岗→ハルビン

 

 ノモンハンからシンバルクサキに戻る。満州里という中露国境の街に行きたいが、そこまでのバスは朝しかないようなので、嵯岗というハイラル満州里の間にある街に行く。そして嵯岗で満州里行きのバスに乗り換えるのだ。

 この道はあまりちゃんと舗装されておらずバスはよく揺れた。そして嵯岗に着いたが、バスターミナルはもう閉まっていた。嵯岗は予想よりずっと田舎である。非常に心細い。砂が混じった風がびゅうびゅう吹いていて寒いし、先もあまり見えない。土地の人に聞きながら鉄道駅を訪ねると、窓口は閉まっている。次の汽車は21時。それまで3時間ある。嵯岗の町、というか村に戻り、餃子屋で餃子を食べる。

f:id:choyu:20150512194551j:plain

(嵯岗の大通り)

 

 鉄道で硬座しか取れなかったり、意に反して田舎に滞在したり、非常に行き当たりばったりの旅をしているが、これもスマートフォンがないせいである。スマートフォンがあれば嵯岗が田舎であることもわかったし、鉄道の切符も中国の電話番号を入力すればネットで買えるし、バスの時刻も調べられる。

 中国の携帯はSIMフリーで、日本からSIMフリーの端末を持って中国の携帯会社で契約すれば3G、4G回線が使えるのだが、S社との2年契約がまだ残っており、SIMフリー端末をまだ買っていないのだ。契約期限に近づいたらSIMフリーの格安スマホに切りかえて、中国でも使うつもりだ。だが、嵯岗で僕は、端末だけでも買って持ってくれば良かったと非常に後悔した。

 スマホを使い始めてもうすぐ2年、スマホを使い始めてからはこれまで海外旅行に行っていなかった。つまり、この2年近くずっとスマホとともにいたことになる。まさかスマートフォンがない、インターネットが一時的にでもない生活がこんなにつらいものだとは思わなかった。一度一緒になってしまうと、もう別れられない。スマホはまるで小説に出てくる恋愛のよう。嵯岗の町はこのモンゴルの砂漠の中にポツンと佇んでいる。まるでオーストラリアのエアーズロックのように。オーストラリアのエアーズロックは地理的には全然世界の中心を名乗る根拠がないのに、世界の中心ということになっている。モンゴルの砂漠の中に佇む嵯岗も、その原理で言えば世界の中心、は無理にしても、モンゴル砂漠の中心くらいは名乗ることができるだろう。僕は嵯岗というモンゴル砂漠の中心でスマートフォンへの愛を叫ぶことにした。思いを載せた声は砂嵐に消えてしまったが、モンゴル砂漠の人々に届いただろうか。

 20時、嵯岗駅に行き、ハルビンまでの切符を買う。日程上、満州里は諦める。寝台は売り切れており、硬座である。

f:id:choyu:20150515224533j:plain

 切符を買う時はパスポートがいるので、日本人であることがバレる。汽車の出発が近づくにつれ人びとが駅に集まり、珍しい日本人ということで色々質問される。

 汽車ではモンゴル族の青年が興味を持って話しかけてくれる。父母と兄夫婦は嵯岗の南100kmのところで遊牧をしており、彼自身はハイラルの高等学校で教師をしているという。「日本のAV女優は綺麗だ」「蒼井そらはとても有名」とか言う。そういえば、長春ハイラルで隣の席になった青年も同じことを言っていた。インドを旅行した時も、バラナシのシルク屋のおっちゃんは、アダルトビデオを手に持って「日本のジギジギムービーはまじクールだぜ!」と言っていた。アジア中で人気なのだろうか。モンゴル族の彼に、「中国の冗談で、“釣魚島是中国的,蒼井空是世界的”(尖閣諸島は中国のもの、蒼井そらは世界のもの)というのを知ってるけど、あれ面白いね」と言うと、しばし笑った後、「尖閣諸島はどっちのものだと思う?」と聞かれる。自分から半分話を振っておいてなんだが、よくわからないので「我不知道(知らない)」と答えると、しばし沈黙した後小さな声で、「我是蒙古族,我不喜欢汉族(俺はモンゴル族だ、漢族は嫌いだ)」と言う。彼としては、中国に対立している日本の国民ということで、アンチ中国の共感を得たかったのかもしれない。

f:id:choyu:20150516003430p:plain

(左に「蒼井空」の名がいくつか見られる)

 彼は内蒙古省都フフホトの、内蒙古大学を出ているという。「内蒙古って中国かモンゴルかどっちだと思う?」と聞かれる。でもやはりわからないので、「知らない」と答える。やはりモンゴル族の人には今の中国とモンゴルの関係を複雑に思っている人がいるのだなと実感する。モンゴル第二の都市、チョイバルサンに友人がおり、年に一度はハイラルから飛行機に乗って行くという。片道3万5千円もするという。ハイラルチョイバルサンはすぐそこなのに、鉄道やバスでは行くことができないのだろう。

f:id:choyu:20150518215625p:plain

 もともとモンゴルの遊牧民には国境なんて関係ないものなのに、近代が「民族」を作り出し、民族自決という概念を作り出し、にも関わらず20世紀の政治がモンゴル民族を二つの国に分けてしまった。かのモンゴルの青年は、iPhone6を1年ローンで買っていたくらいだから、決してお金が余っているわけではないだろう。ハイラルチョイバルサンが陸路で安く行けるようになり、彼が気軽に友人に会えるようになることを願うばかりである。

f:id:choyu:20150515224519j:plain

 ハイラルをすぎると一人になったので、眠ることにする。ガラガラなので、3人席に横になる。気温は10度を下回っている。人々は座席カバーを毛布にしている。僕もそれに習うこととする。

中国東北旅行3 ノモンハン古戦場

4/29

f:id:choyu:20150516225535p:plain

ハイラルノモンハン

 ハイラルからはバスに乗り、新巴尔虎左旗に行く。そしてタクシーをチャーターし、ノモンハンに行く。 

 村上春樹が『辺境・近境』で1992年(僕が生まれる1年前だ!)に行っているが、その時はハイラルから車をチャーターして、ガタガタの道を行かねばならなかったという。今はきちんと舗装されている。

 

 

辺境・近境 (新潮文庫)

辺境・近境 (新潮文庫)

 

 

 満洲国と、1924年に建国されたソ連の衛星国モンゴル人民共和国が国境を争ったのが、ノモンハン戦争だ。満洲国は日本の、モンゴル人民共和国ソ連の傀儡国家であり、その戦争は、実質は日本とソ連との戦争であった。この戦争は5月から9月まで戦われ、日ソ共に1万人弱の戦死者を出す。

 日本軍の装備は厳しい冬のモンゴルで戦争をするには不十分であったこともあり、外交交渉でその土地をモンゴル側に譲り渡した。

 ノモンハン古戦場は、今は観光地として整備されている。村上春樹が行った時は、その辺りに鉄かぶとが転がっていたそうだが、今はそういうことはないようだ。外に展示された戦車と重砲、戦闘機以外は、博物館の中に収められているようだ。だが、博物館はあと4日後に開館するということで、今は閉まっていた。

 

 日本の戦車と重砲は当時実際に使われたものが置かれていた。上に乗ったり中に入ったりして遊んだ。

f:id:choyu:20150512194152j:plain

f:id:choyu:20150512194202j:plain

 ソ連(?)の戦闘機も置いてあった。

f:id:choyu:20150517213437j:plain

f:id:choyu:20150517213447j:plain

(中はボロボロだが当時のままだ)

 

 この砂漠しかない土地を巡って日本とソ連が激突し、合計○人の戦死者を出したというのは、やはりうまく想像することができない。人を一人養うこともできない土地を巡ってさえ殺し合いを起こしてしまうのは、現代の国家という巨大なシステムの恐ろしさだ。