読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国東北旅行10 中国旅行を便利にする4つの方法

5/7〜8 (長春→上海→大阪) 翌朝は長春の動物園を見る。 『ねじまき鳥クロニクル』の舞台となった場所だから来たが、特に気持ちが入らない。正直、ノモンハンでも、ここでノモンハン戦争が起きたというのは印象的だったが、この辺りが『ねじまき鳥』の舞…

中国東北旅行9 中国人は席を譲る

5/6〜7 (大連→瀋陽→長春) 翌日は大連博物館に行く。近現代の大連・旅順のことが当時の文物とともに解説されていて面白い。地球の歩き方にも書かれているが、歴史に対して非常に客観的である。中国の資料館は時々、日本帝国=悪という文脈でしか語って…

中国東北旅行8 そこから旅順港は見えるか!

5/5 (旅順・大連) 大連駅に朝6時に着く。大連は高層ビルが立ち並ぶ。今回の旅で一番の都会だ。 (大連駅前のビル街) 町の中心にある旧ヤマトホテル、大連賓館にチェックインする。中国のホテルは、チェックアウトはだいたい12時までと決まっている…

中国東北旅行7 中国人は京都を知らない

5/3〜4 (ウラジオストク→牡丹江→大連) 朝早起きして、ホテルのおじさんが呼んでくれたタクシーに乗り(おじさんが、「タクシー呼んだるわ」とGoogle翻訳で言ってくれた。めちゃ親切)、ウラジオストクバスターミナルまで行く。 Antilopa Hostel はとて…

中国東北旅行6 ウラジオストク=極東を征服せよ

5/2 シャワーを浴びて(安いホステルなのにお湯が出る。湯量も十分。素晴らしい)、早速朝ごはんを食べに行く。やはりおいしい。味付けが合う。 外は霧が出ている。ウラジオストクは坂の街である。天然の良港とはこの街のためにあるように思える。ロシア…

中国東北旅行5 ハルビンーウラジオストクを国際バスで行く

4/30〜5/1 (ハルビン→ウラジオストク) ハルビン駅前のバスターミナルでウラジオストク行きのバスのチケットを買い、20世紀初頭のロシア統治時代に作られた通り、中央大街に泊まる。外見がすごく気に入った。1泊220元≒4400円でWi-fi付き。…

中国東北旅行4 モンゴル砂漠の中心で愛を叫ぶ

4/29〜30 (ノモンハン→嵯岗→ハルビン) ノモンハンからシンバルクサキに戻る。満州里という中露国境の街に行きたいが、そこまでのバスは朝しかないようなので、嵯岗というハイラルと満州里の間にある街に行く。そして嵯岗で満州里行きのバスに乗り換…

中国東北旅行3 ノモンハン古戦場

4/29 (ハイラルーノモンハン) ハイラルからはバスに乗り、新巴尔虎左旗に行く。そしてタクシーをチャーターし、ノモンハンに行く。 村上春樹が『辺境・近境』で1992年(僕が生まれる1年前だ!)に行っているが、その時はハイラルから車をチャーターし…

中国東北旅行2 中国の鉄道で筆談する

4/28〜29 (長春→ハイラル) 中国の鉄道は、携帯番号と中国の銀行口座を持っていればネットで買うことができるが、持っていないと窓口に並ばなければならない。中国人は、全国民が身分証を持つことになっているが、それがIC機能付きのものであれば、駅…

中国東北旅行1 ヤマトホテル

4/27〜28 「ヤマトホテル」と呼ばれるホテルがかつてあった。日露戦争に勝利した大日本帝国は、その講和条約であるポーツマス条約で東清鉄道(ロシアが清に作った鉄道)南部(大連ー長春)の管理権をロシア帝国から獲得する。日本はその鉄道を管理する…

中国東北旅行0 「満洲」に行く

GWの4月27日から5月8日まで、中国の東北地方に行くことにした。「中国の東北地方」と言われても、大半の日本人はどこかわからないだろう。僕も大学生になって中国語を始め、中国について勉強するまでは知らなかった。だが、こう言えばほとんどの方はわ…