吉田の小さな庭 Little Yoshida Garden

香港で様々な路上空間の実践をしているマイケル・ルン*1さんが、京都大学の立て看や吉田寮*2についての物語を書いてくれました。私、八木智大がマイケルと出会ったのは、彼が主催する大阪の刺繍ワークショップ*3においてでした。マイケルは香港で、再開発の危機に瀕している布市場「棚仔(広東語読みでPang Jai)」*4保全運動に関わっています。そこの布を使ったハンカチに、好きな刺繍をするというワークショップでした。京大卒業生で、当局の立て看や吉田寮への弾圧に怒っている私は、ハンカチに「自治」と記した立て看を刺繍することにしました。マイケルは数日後、立て看と吉田寮について英語で書いた物語を送ってくれました。許可を得て、日本人の友人の手を借りながら、日本語に訳しました。訳文と原文を以下に載せます。

 

Michael Leung*5from Hong Kong, wrote a story on Kyoto University Yoshida Dormitory*6 and the controversy regarding the Tatekan*7, free public speech on wooden boards. Michael is back home working with alternative usages of streets. I met Michael in Osaka at an embroidery workshop offered by him*8. In Hong Kong, Michael is engaged in the protection movement of the Pang Jai*9, the cloth market, which is facing the danger from the redevelopment of the city. This workshop was about making embroidery on Pang Jai handkerchiefs. I tried to draw on the handkerchief a Tatekan with the word Jichi, which stands for self-governance, because as a graduate of Kyoto University I was furious about the oppression from the University on the Takekan culture and Yoshida Dormitory. Some days later Michael sent to me a fiction written in English about Tatekan and Yoshida. With his permission, I translated it into Japanese with the help of my Japanese friends. Here I put the translation and the original.

f:id:choyu:20180627222719j:plain

刺繍ワークショップで作った「立て看」 The "Tatekan" I made at the embroidery workshop

 

 

吉田の小さな庭

マイケル・ルンによる物語

 

2018年5月13日の日曜日京都大学当局は突如キャンパス周辺にあった立て看板、通称「タテカン」を警告なしに撤去した*10。壁に立てかけられた看板が、市の条例に違反しているという理由だった。タテカンは、ほかの学生たち、一般の人々、そしてまだ出会っていない人たちに向けて発せられた私たちの集合的な声だ。私たちは言論の自由を支持する意味で、車や人々が行き交う東大路今出川百万遍交差点に、新たにいくつかのタテカンを設置することにした。数週間後、不眠症でいつも夜中に赤毛の柴犬を散歩させているはるかおばあさんが、懐中電灯とワイヤーカッターを持った大学の警備員たちが、百万遍に残っていたタテカンをこっそり撤去したと教えてくれた。次の朝、5000人を超える学生たちが百万遍の交差点を占拠し、交通を完全に止めてしまった。私たちは救急車や消防車といった緊急車両だけは通したが、警察は決して通さなかった。

それからちょうど24時間後、私たちは交差点の中心からヒューマンマイクロフォン(*皆で一斉に声をあげることで、遠くの人に聞こえるようにする手法)で要求を伝え、必要なときにまたすぐに集まれる準備をして解散した。大学は一旦は立看板の規定を撤回し、公式の謝罪文をホームページ(日本語のみ)に載せたが、それらは翌日には消えていた。

大学はさらに、吉田寮の学生たちに対して、寮生の新規受け入れを中止させるよう圧力をかけている。築105年の木造の建物は、ネオリベ化し、教育システムが崩壊しつつある大学における、学生の権利と完全な自治の最後の砦だ。

この運動と勉学(私は食料環境経済コースの最終学年にいる)で疲れて果ててしまってはいるが、それでも進み続けなければならないことがある。以前、友人のあつこは僕に「未来は決心した人のものだ」と語っていたが、彼女は全くもって正しい。

大宮草山から京大に向かうバスのなかで私はさらに疲れてしまっていたが、香港から来た活動家たちの報告会が吉田寮であると聞いたので、寮に向かい、ベジタリアンの人たちが集う夕食の会に参加した。参加費は自分で自由に考えて支払う仕組みだった。私は香港は横洲*11のバラミツ酒を飲みすぎて、世界中の漫画と雑誌であふれた部屋のなかで眠りについた。目が覚めてから、部屋に貼ってあるZAD(フランスの空港建設反対運動キャンプ)のポスター*12が、開いた窓から入る日光を覆い隠していたことに気が付いた。

部屋にはふたりの学生がいた。彼らは寮の声明文*13の日本語版と英語版を小声で話しながら編集していた。あきことしんたろうだった(しんたろうはオリエンテーションキャンプで会った友達だ)。あきこは以前、百万遍の交差点で私に応援の言葉をかけてくれた女性だ。私はどうすればいいのかわからなかったが、私の代わりに、外のニワトリのうちの一羽がコケコッコーと答えてくれた。私たちはみな一緒に笑った。

皆でブラックコーヒーを飲んだあと、しんたろうは私に向かって「部屋を片付け終わったので、もし君が望むならタダで部屋をシェアしてもいいよ」と話した。私が実家からはるばる通学していることを覚えてくれていて、さらに私のたくさんの荷物とぼさぼさの髪に気がついたのだろう。こんな髪なのは自分の好みなのだが!

私は彼の提案に乗り、その翌日に引っ越した。しんたろうの部屋、今では私たちの部屋は2階にあった。その部屋は、ゆったりしていて、清潔で、物の配置もよく考えられていることに驚いた。その雰囲気は私に、トラン・アン・ユン監督の映画「ノルウェイの森」を思い起こさせた。

一週間後、ベジタリアンの人たちから、アヒルやニワトリがいる場所の隣にある誰も使われていない草地を耕そうと誘われた。あきこが彼らに、私が農業を学んでいる半農半X*14の実践者であったことを伝えていたに違いない。

私たちは毎週恒例の寮会議—建物の秘密の部屋で行われる—で、その耕地を「吉田の小さな庭」と名づけることにした。それは、東京は渋谷の宮下公園の外で食べ物を育てている友人たちにちなんだ名前だ*15。私たちが自らを組織化し団結するとき、未来は私たちのものであり、運命は共有されるのだと確信している。ガンバッテ!

 

2018年5月31日 京都

 

日本語訳 八木智大とその友達

 

 

Little Yoshida Garden

A fictional story by Michael Leung

 

It began on Sunday 13th May 2018 when without warning Kyoto University removed students’ signs around the campus. Apparently the signs, flat against the wall, breached a city ordinance. The signs are our collective voice: to other students; the public; and those we have yet to meet. We support free speech and installed a few new signs, now visible on the busy intersection of Higashioji-dori and Imadegawa-dori.

A couple of weeks later, we were told by obaasan Haruka, an insomniac grandma who walks her red Shiba Inu (dog) at night, that the university's security guards brought torches and wire cutters to quietly dispose of the few remaining signs on the intersection. The following morning over 5,000 students occupied the intersection, bringing traffic to a complete standstill. We only let the emergency services past – ambulances and fire engines only. No police.

After exactly 24 hours, we amplified our demands using a human microphone from the centre of the intersection and then dispersed, with the potential to reassemble, if necessary. The university retracted their signage policy and even wrote a formal apology on their website homepage (Japanese only), which they only displayed for one day*16.

Further down the road, the university is now putting pressure on the Yoshida dormitory students to stop accepting future residing students. The 105-year-old wooden building is the last bastion of student rights and full autonomy in the neoliberal university, a collapsing education system.

All this campaigning and studying (I'm in my final year of my Food and Environmental Economics course) has left me exhausted, but I know that I have to keep going. My friend Atsuko once told me that the future belongs to the determined. She's completely right.

My long bus journeys between Omiyakusayama and the university have further drained me. When I heard that there was a sharing from Hong Kong activists at Yoshida dormitory, I visited and stayed at the end for the give-what-you-think dinner that was cooked by a vegetarian cooperative*17. I drank too much of the Wang Chau jackfruit mead and fell asleep in a room that was filled with manga novels and zines from all over the world. When I woke up, a ZAD*18poster*19 eclipsed the sunlight coming in through the open window. 

I saw two students in the room with me, whispering and editing the Japanese and English versions of the dormitory's manifesto. It was Akiko and Shintaro (a friend that I met during orientation camp). Akiko recognised me first from the intersection and gave me some words of encouragement. I didn't know how to respond, and instead one of the chickens outside timely clucked and answered for me. We all laughed together.

After a pot of black coffee, Shintaro told me that he has finally tidied up his room and that if I wanted to, I could share the room with him for free. He remembered that I lived far away with my parents and could see the bags forming under my eyes, and my scruffy hair. The latter is a personal choice!

I took him up on his offer and moved in the following day. Shintaro's room, now our room, was on the second floor. I was amazed by how spacious, clean and well-curated the objects in the room were. The atmosphere reminded me of Trần Anh Hùng's Norwegian Wood.

After a week, I was invited by the vegetarian cooperative to farm on the unused green space next to the ducks and chickens. Akiko must have told them that I was studying agriculture and was a FarmerX*20.

At the next weekly dormitory meeting, in the secret room of the building, we decided to call the farming area 'Little Yoshida Garden' in reference to friends who are growing food outside Miyashita Park*21 in Shibuya, Tokyo.

When we are organised and unite in solidarity, I know for certain that the future belongs to us – a shared destiny*22. Gambate!

 

31st May 2018, Kyoto

 

Translated Japanese by Tomohiro Yagi and his friends

 

 

 

訳文を作ったのは、遠く香港にも応援してくれている人がいるということを示したかったからです。マイケルの物語中にもありましたが、世界中の様々な場所で権力による人々への弾圧がなされています。国境や言語の壁をこえて、共に闘っていくことができたらいいと思います。

 

八木智大

 

 

I made this translation because I wanted to show that even far away in Hong Kong there are people who are supporting us. As is shown in his story, in many parts of the world people are being oppressed by authorities. I hope that we can all unite and fight together, beyond boundaries and language barriers.

 

Tomihiro Yagi